ホーム »  求人医療機関等 »  宮崎市郡医師会病院

宮崎市郡医師会病院

災害拠点病院緩和ケア病棟あり地域医療支援病院地域周産期母子医療センター

求人情報

連絡先0985-24-9119
診療科目常勤呼吸器内科 1人
消化器内科 1人
総合診療科 1人
非常勤
給与宮崎市郡医師会給与規定による。
備考■勤務内容:救急医療を含めた診療
■夜間当直回数 : 5~6回/月
■公舎 : 無(住宅手当支給有り)
■休暇制度 : 土曜日隔週・日曜・祭日 その他就業規則による。
■学会等費用負担 : 病院旅費規定により支給(回数制限あり)

ごあいさつ

院長 川名 隆司
院長 川名 隆司
宮崎市郡医師会病院は、宮崎市、国富町、綾町(宮崎市・東諸県郡)1市2町における地域医療の中核として、宮崎市郡医師会員の医療の水準を高め、最新の医療を実施することによって、地域住民の健康の維持増進に寄与するとともに、住民の医療を確保することを目的に、昭和59年4月に開設し、同年10月に開放型病院の承認を受けました。
また、平成10年12月には、地域医療支援病院の名称承認(全国で8番目)を受けております。
平成13年10月には、各方面より要望のあった緩和ケア病棟(5病棟)と療養環境の改善を目的とした6病棟が1市2町の支援のもとに完成いたしました。
また、患者さんを中心とした適切な医療と看護に加え良質な療養環境の提供を基本理念とし、今後も高度化する医療に対応して、最新の医療機器を整備するとともに管内医療機関との連携を深め、地域の中核的病院としての更なる努力を重ねて参ります。

宮崎市郡医師会病院 理念
本院は、患者さんの人権を尊重し、適正な医療を安全に提供するとともに、開放型病院としての特性を最大限に活かし地域医療に貢献することを使命とする。

運営方針
・入院治療を主体とした、医師会員が利用する共同利用型病院とする。
・常時、患者さんを収容、治療できる体制をとり、転送患者をすべて受け入れる。
・医療機器の充実に努め、最適の医療を行う。
・診療は患者さんの意向を尊重して行う。
・時間外の急病患者さん対策として、病院に併設して、宮崎市夜間急病センターを設置する。

施設情報

所在地〒880-0834 宮崎市新別府町船戸738-1
開設者
管理者島山 俊夫
ホームページhttp://www.cure.or.jp/
病床数248床
診療科目内科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、整形外科、小児科、産婦人科、放射線科、呼吸器科、循環器科、麻酔科
指定機関等健康保険法
国民健康保険法
老人保健法
労災保険法
生活保護法
母体保護法
結核予防法
障害者自立支援法
学会認定日本外科学会専門医制度修練施設認定
日本医学放射線学会専門医修練協力機関承認
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設指定
日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設認定
日本心血管インターベンション学会の研修施設認定
日本麻酔科学会認定病院
日本消化器病学会専門医修練施設認定
心臓血管外科専門医認定機構の基幹施設認定
厚生労働大臣指定臨床研修医病院
日本内科学会認定医制度における教育関連病院認定
宮崎県周産母子医療センター認定
日本心臓血管カテーテル治療学会教育認定施設認定
日本緩和医療学会認定研修施設認定
医療設備CT64列、アンギオシステム、RI、一般撮影装置、X線透視撮影装置

交通アクセス

【タクシー】宮崎空港から25分、宮崎駅から10分
【バス】宮交バス・シーガイア行き→「医師会病院前」下車

職員情報

医師 42人 薬剤師 7人
看護師 289人 准看護師 15人
助産師 4人 診療放射線技師 10人
臨床検査技師 23人 理学療法士 5人
作業療法士   言語聴覚士  
管理栄養士 4人 栄養士  
調理職員   介護職員  
事務職員 42人 その他  42人
合計 483人    

患者の概況

平成26年7月

病床利用率77.3% 1日平均外来患者数42.3人
手術件数1,917件 1日平均入院患者数191.8人
在宅医療(延べ)件数   

採用担当者

担当者黒木
住所〒880-0834 宮崎市新別府町船戸738番地1
TEL0985-24-9119
FAX0985-23-2210
E-mailn_kuroki@cure.or.jp
病院・スタッフ紹介へ
求職登録フォームへ

宮崎県地域医療支援機構(事務局:宮崎県医療薬務課)
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号 TEL 0985-26-7451
ishishohei@pref.miyazaki.lg.jp