ホーム »  基幹型臨床研修病院 »  県立日南病院

県立日南病院

施設写真
 昭和23年に設立され、県南部地域において総合的な医療を提供できる唯一の医療機関として、地域の医療機関等と連携し、急性期医療や高度医療、救急医療等を担っています。また、症例数も多く、特にプライマリ・ケアを学ぶ研修医には理想的な環境です。

病院データ

所在地〒887-0013 宮崎県日南市木山1-9-5
院長鬼塚 敏男
診療科目内科、神経内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、臨床検査科、病理診断科、歯科口腔外科(精神科、心療内科は休診中)
病床数334床(一般330床・感染症4床)
医師数36人
1日平均入院患者数213人
1日平均外来患者数334人

臨床研修プログラム

初期研修について

 当院は、ICU、CCU、NICUを備え、地域の中核病院として急性期医療や高度医療、救急医療を担っています。症例数が非常に多く、特にプライマリ・ケアを学ぶ研修医には理想的な環境といえます。プログラムに病理診断科があり、外科病理学を学び、CPCレポート作成の指導が受けられます。また、自由選択科目では、当院のほか宮崎大学医学部附属病院の標榜するほとんどすべての診療科や宮崎生協病院における小児科を選択することもできます。地域医療研修では、離島診療所で研修する機会も設けています。

後期研修について

 初期臨床研修を修了後、専門学会の認定医・専門医の資格取得を目指す医師を対象に、後期臨床研修を実施しています。当院の後期研修の特徴は、3年間を通して本院内で集中した臨床を行うことにあります。また、独自の研修計画を立案・実行することができ、より専門性の高い国内外で留学等も可能です。

初期研修ローテート例

初期研修ローテート例(1年目)初期研修ローテート例(2年目)

指導医からのメッセージ

 内科系は、指導医の他に疾患ジャンルに応じて相談医がつきます。外科系は、マンツーマン方式の指導体制で、指導医と一緒に主治医となり、検査、説明、手術などすべての過程を実際に体験することになります。
 当院は、協力型臨床研修病院としても研修医を受け入れており、リピーターが多いことが特長の一つです。不安な気持ちで始めた研修も、最後には大満足して、その後の研修プランを変更してまで2度目の研修先として当院を選択してくれています。皆さんのおいでを心からお待ちしています。

病院のホームページへ

詳しくはこちらをご覧ください

特集ページのご案内

この病院に関係のある特集です。是非ご覧ください

峯 一彦 氏

宮崎県地域医療支援機構(事務局:宮崎県医療薬務課)
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号 TEL 0985-26-7451
ishishohei@pref.miyazaki.lg.jp