ホーム »  基幹型臨床研修病院 »  宮崎大学医学部附属病院

宮崎大学医学部附属病院

施設写真
 大学病院と県下全域の協力型病院との双方向性研修を通じて、バランス感覚に優れた視野の広い研究医を育成します。平成24年4月からは、救命救急センターの設置、ドクターヘリの導入により、救急医療体制のさらなる強化を図っております。

病院データ

所在地〒889-1692 宮崎県宮崎市清武町木原5200
院長鮫島 浩
診療科目内科、外科、整形外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産科・婦人科、眼科、耳鼻いんこう・頭頸部外科、放射線科、麻酔科、脳神経外科、循環器内科、腎臓内科、消化器内科、血液内科、腫瘍内科、神経内科、感染症内科、呼吸器内科、内分泌内科、代謝内科、糖尿病内科、心臓血管外科、乳腺外科、消化器外科、呼吸器外科、小児外科、病理診断科、歯科口腔外科、矯正歯科、リウマチ科、リハビリテーション科、救急科、形成外科
病床数632床(一般596床・精神36床)
医師数461人
1日平均入院患者数534.7人
1日平均外来患者数957.4人

臨床研修プログラム

初期研修について

 自主デザイン研修プログラム、小児科研修重点プログラム、産婦人科/周産期研修重点プログラムの3つを設けており、38の協力型臨床研修病院および17の研修協力施設と共同して、地域と密着した多彩な研修フィールドを確保しています。また、研修医自らが自己目標に応じて自由に研修先を選択し能動的に研修できるように、個々に応じた柔軟な研修プログラムを運用しています。

初期研修ローテート例

初期研修ローテート例(1年目)初期研修ローテート例(2年目)

指導医からのメッセージ

 本院の卒後臨床研修は、大学と地域の病院ががっちり連携した、“県下全域一体型”の研修システムとなっています。
自分自身の“卒後10年間”のキャリアパスを見据えながら、宮崎の多彩な診療フィールドで、多くの指導医と出会い、かけがえのない仲間を作り、充実した医師生活をスタートさせてください。そして、研修を通して医師人生に大きな影響を与える「医師としてのロールモデル」を見つけてください。

病院のホームページへ

詳しくはこちらをご覧ください

特集ページのご案内

この病院に関係のある特集です。是非ご覧ください

落合 秀信氏 宮崎大学医学部医療人育成支援センター 小松 弘幸氏 宮崎大学医学部外科学講座 吉村 学氏 吉原 博幸 氏 澤田 浩武 氏 児玉 由紀 氏 芦塚 伸也 氏 救命救急センター 岡山 昭彦 氏 落合 秀信 氏 小松 弘幸 氏 池ノ上 克 氏

宮崎県地域医療支援機構(事務局:宮崎県医療薬務課)
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号 TEL 0985-26-7451
ishishohei@pref.miyazaki.lg.jp