ホーム »  医師の方へ »  地域医療の魅力

地域医療の魅力

医療の原風景そして市民大応援団

美郷町地域包括医療局総院長
金丸 吉昌 氏

宮崎市出身、1981年宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)卒業。
宮崎医科大学附属病院、社会保険宮崎江南病院、県立宮崎病院、三股町国民健康保険病院等に勤務。1992年から西郷村国民健康保険病院(現・美郷町国民健康保険西郷病院)院長に就任。
以来、西郷村の健康管理センター所長、医療管理室長の兼務を経て、西郷病院・北郷診療所・南郷診療所の総院長として臨床の現場に立ち続けながらも、行政の地域包括医療局の長として、条例制定、議会や住民、メディアをも巻き込んだ地域医療を展開。

翔け!総合医

地域医療は人と人との絆

美郷町の人たち

「なんで昨日の夜のうちに来んとね」「先生を起こしたら悪いかいよ」夜のうちはつらいのを我慢して、朝を待って病院の外来にやってくる患者さん。美郷の人は本当にここで働くお医者さんを、ともに暮らす仲間として大事に思っています。患者と医師がお互いに思いやる心が、固い絆と笑顔を生んでいくのです。

もともと医療は暮らしの中にあります。人と人との絆の中で医療は育まれます。この実感を若いうちから体感して、そして総合医へ。

いよいよ総合医の確立にむけて国も動き出しました。臓器別専門医と同等に専門医としての総合医の活躍が期待されます。

昔から地域医療の現場では地域包括医療・ケアを実践してきました。この現場こそがこれからの総合医になるための最高の研修の場かもしれません。この地域包括医療・ケアを重ねながら総合医としての技量を上げていく。そしてそこに市民大応援団の姿が見られる。これぞ地域医療の醍醐味ではないでしょうか。

地域医療と市民大応援団

市民大応援団とは国民1人ひとりが医療の不確実性も含めて、医療に対して理解を深めて応援していただく姿です。市民、議会、首長、メディア等すべてがこの大応援団に加わっていく。延岡市をはじめ県内少しずつこの姿が見えてきました。大変ありがたいと思います。

住民との交流から生まれいずる物語

地域医療塾の開講

地域医療塾 説明図

地域医療の文化・魅力をこれからの医師達へもっと積極的に伝えたい。その思いで平成23年7月に「地域医療塾」(心の遊び塾)を美郷町に開講しました。

広く市民との交流を深めつつ、医学生やこれからの医師達と共に学び、遊ぶ。そして塾での学び、遊びを通じて、地域医療の魅力をたっぷりと感じながら総合医としての研修・経験を重ねていく・・・。ときにはそば打ち体験も!

地域医療塾 写真

議員発議で「美郷町の地域医療を守る条例」が誕生しました。これからはこの条例を合い言葉に市民・医療機関・行政がそれぞれの役割を実践しながら地域医療の充実につながっていきます。

この姿こそが医療の原風景・地域医療の文化なのかも。まさに市民大応援団そのものの姿ではないでしょうか。

金丸総院長 講演動画

 

関連リンク

 

求職登録応援登録(医師の方)

宮崎県地域医療支援機構(事務局:宮崎県医療薬務課)
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号 TEL 0985-26-7451
ishishohei@pref.miyazaki.lg.jp