ホーム »  つながるたいむ »  お知らせ »  【医師特集】国立がん研究センター がん患者病態生理研究分野 分野長 上園 保仁氏のインタビューを公開しました
お知らせ

【医師特集】国立がん研究センター がん患者病態生理研究分野 分野長 上園 保仁氏のインタビューを公開しました

国立がん研究センター がん患者病態生理研究分野 分野長 上園 保仁氏

国立がん研究センター がん患者病態生理研究分野 分野長
上園 保仁氏

がん治療の現場では、多くのがん患者が、副作用でつらい日々を送っている。漢方薬は、身体に負担を与える西洋医学の抗がん剤の副作用を和らげ、全身を緩和する体に優しい薬になりうる。
日本のがん治療の最前線で、新薬開発の基礎研究から臨床への橋渡しを担う上園医師が、漢方薬に着目したきっかけと医療への導入への苦労、日本の高い農業技術を活かした生薬生産の可能性を語る。


特集ページへ

宮崎県地域医療支援機構(事務局:宮崎県医療薬務課)
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号 TEL 0985-26-7451
ishishohei@pref.miyazaki.lg.jp