ホーム »  特集ページ »  次回予告

次回予告

嶋本富博 氏

1921(大正10)年10月に宮崎県が開設した公的医療機関として、急性期医療から慢性期医療まで地域医療全般を担ってきた県立宮崎病院。小児科、新生児未熟児センター、救命救急センター、癌治療センターとその役割を拡大し、腎移植、骨髄移植等の最先端医療にも取り組む。2014年にはドクターカーを導入し、宮崎大学医学部附属病院との連携で救命救急センターを強化。
さらに総合診療科、新生児科を増設して、県民のニーズに応じた医療活動を展開している。
2022年1月にリニューアルオープンした新病院では、救急医療、災害医療、がん治療、感染症など全県レベルの高度急性期医療を担う中核病院として、よりいっそうの施設・設備を充実させた。
2021年より病院長に就任した嶋本院長に、新病院のコンセプトと地域医療への思いを聞いた。

みやざき地域医療応援団に登録する
特集 宮崎県の医師力紹介 パンフレットダウンロード
お問い合わせ

宮崎県地域医療支援機構(事務局:宮崎県医療政策課)
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号 TEL 0985-26-7451
ishishohei@pref.miyazaki.lg.jp