ホーム »  特集ページ »  次回予告

次回予告

赤ちゃんの産声は、
地域の力。 産婦人科医と助産師たちの挑戦

𠮷永 浩介 氏
小林市立病院 産婦人科

15年ぶりに産婦人科を再開した小林市立病院。
再開に至るまでには、地域の産婦人科での分娩受入れの病院や診療所がゼロになるという危機的状況があった。
小林市・えびの市・高原町の西諸地域では、2017年の夏からお産の場がなくなり、地域の妊婦は圏外への通院や入院をせざるを得なくなった。各自治体職員のほか、宮崎県医療薬務課、地域医療を考える会などでその対策を検討し、産婦人科医と小児科医の確保にあたった。
取り組みからわずか1年、宮崎大学医学部と県立宮崎病院からのサポートで、自治体病院として通常分娩を受け入れる態勢が整った。

このスピード復活を担ったのが、えびの市出身の𠮷永浩介医師。Uターンに至る経緯と、地元への思いを伺った。

宮崎県地域医療支援機構(事務局:宮崎県医療薬務課)
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号 TEL 0985-26-7451
ishishohei@pref.miyazaki.lg.jp